レーザー脱毛の副産物

10 Feb 2015 by user2959, Comments Off on レーザー脱毛の副産物

美容外科などで使用されている、出力の高いレーザー脱毛器

これを使用することによって得られる副産物の一つに「ワキガ」が軽減される。というものがあります。

これは、毛根と同時にそこにある「アポクリン腺」に作用し、破壊することで汗が出るのが抑えられるため。

「アポクリン腺」は汗が出る「汗腺」の種類。もう一つの「エクリン腺」と共に、脇から出る汗を分泌する組織ですけど、

体温を下げることを目的とした、水分のみを分泌する「エクリン腺」に対し、ワキガの原因となる臭い物質を含む汗を分泌する「アポクリン腺」は、これを除去することでワキガを治療するなどそのものが原因とされています。

そのアポクリン腺がレーザー照射の過程で破壊されるというものです。

 

ミュゼなどエステサロンで使用するフラッシュ脱毛器と共に、美容外科で使用する強力なレーザー治療器でさえ、もちろん毛根を破壊するまでの威力ですから、汗腺を完全に破壊するわけではなく

あくまでもレーザーの影響を受けて、組織の働きが弱まる、部分的に破壊すると言ったものだということです。

カウンセリングの時点でワキガに悩むのある人は、このことについてもきっと触れるでしょうね

ミュゼ カウンセリング

Follow Me!

Follow Me! Follow Me! Follow Me! Follow Me!